医療脱毛のリスク

医療脱毛は医療という名がついていることで安心、安全と思われる方も多いと思いますが、リスクが全くないとは言えません。これはエステ、サロンでも同じことが言えます。ですが、クリニックでは医師がいるので万が一トラブルがあっても対応してくれます。

一番多いリスクは火傷です。レーザは黒の色素に反応するので、日焼けなど黒い部分が熱に変化され火傷を負ってしまうことがあり、跡は少しずつ薄くなります。
その次に多いのはニキビができることです。肌の保護機能を照射の直後は失ってしまうのでニキビができやすい人は注意が必要です。

他にも増毛化と硬毛化のリスクがあり、増毛化はレーザーを当てることによって普段機能していなかった毛穴が活発になり毛が増えて見える症状です。硬毛化は残ってしまった毛が太くなってしまったり、長くなってします症状です。
どちらも詳しい原因などは分かってはいませんが、光を当てることによって毛穴が活発になってしまうので起こると言われています。特に背中やお腹など毛が薄い部位に起こる事が多いです。
増毛化、硬毛化が起こったからといって脱毛ができなくなるわけではありません。クリニックによっては増毛化、硬毛化が起こってしまった場合は保証してくれる場合があります。なので一度確認しておくと安心です。
医療クリニックではトラブルが起こった場合の対応が安心です。

医療とサロンの違い

医療脱毛とエステ、サロンの大きな違いは使用するレーザーです。
医療脱毛では医療機関でしか使えないレーザーを使っています。なのでパワーも強いので永久脱毛の効果が高いです。万が一施術中にトラブルがあっても適切な処置が受けられて、強いパワーのレーザー治療を行うことを国から認められています。医療レーザーは痛みがありますが、その痛みを感じるのも個人差があります。
なので痛みに弱い方へ塗るタイプの麻酔やリラックス麻酔などが使えます。麻酔が使えるのもクリニックだからです。医療脱毛では永久脱毛ができるので自分が満足いく脱毛ができます。

エステ、サロンで使用されているレーザーはIPL脱毛といって一般的には光脱毛と呼ばれています。ですが、パワーは弱く永久脱毛の効果は少なく医療脱毛では毛の薄い部位に使われる事が多いです。
ですが脱毛時の痛みは少なく、低価格なので脱毛を始めやすいといえます。医療レーザーと比べて脱毛回数は多く通う回数も多いですが低価格です。

医療レーザーは料金は高いですが通う回数は少ないので、どちらも料金はさほど変わりません。なので、永久脱毛を確実にしたい方は医療レーザーを受けれるクリニックへ。毛を薄くしたい人や痛みをそんなに感じたくない人はサロン、エステがおすすめです。

医療脱毛とは?

医療脱毛では、医療機関でしか使えないレーザーを使って永久脱毛をします。
医療レーザーは毛の根元の発毛指令を出している細胞を破壊し、今生えている毛が抜けるともう生えてこなくなるとゆう仕組みになっており永久脱毛できるようになっています。この細胞を破壊するという行為が法律で医療行為とされています。
医師が個人の毛の特徴に合わせてレーザーの照射を調整して脱毛のプランを立ててくれます。レーザーだけではなく電気針による脱毛もあります。電気針での脱毛が一番効果があるといわれていますが、電気を通すのでとても痛いです。なのでレーザでの脱毛が主流となっています。

レーザにも種類がたくさんあります。
アレキサンドライトレーザーはシミやそばかすなどに使われているレーザーで、最もよく使われています。ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーと共によく使われており、他のレーザーで効果が出なかった部位に使用される事が多いです。この2つのレーザーが主に使われていますが他にもルビーレーザー、ロングパルスYAGレーザーなどがあります。

敏感肌やアトピーなど肌の弱い方でも脱毛する事ができます。クリニックによっては無料で照射体験ができるとこもありますが、相談するだけで診察料として料金を請求される場合があるので事前に確認する事をおすすめします。
他にもエステ、サロンでも脱毛ができますが、医療との違いは何か。医療脱毛でのリスクはあるのかなどを次で詳しく説明します。