医療脱毛とは?

医療脱毛では、医療機関でしか使えないレーザーを使って永久脱毛をします。
医療レーザーは毛の根元の発毛指令を出している細胞を破壊し、今生えている毛が抜けるともう生えてこなくなるとゆう仕組みになっており永久脱毛できるようになっています。この細胞を破壊するという行為が法律で医療行為とされています。
医師が個人の毛の特徴に合わせてレーザーの照射を調整して脱毛のプランを立ててくれます。レーザーだけではなく電気針による脱毛もあります。電気針での脱毛が一番効果があるといわれていますが、電気を通すのでとても痛いです。なのでレーザでの脱毛が主流となっています。

レーザにも種類がたくさんあります。
アレキサンドライトレーザーはシミやそばかすなどに使われているレーザーで、最もよく使われています。ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーと共によく使われており、他のレーザーで効果が出なかった部位に使用される事が多いです。この2つのレーザーが主に使われていますが他にもルビーレーザー、ロングパルスYAGレーザーなどがあります。

敏感肌やアトピーなど肌の弱い方でも脱毛する事ができます。クリニックによっては無料で照射体験ができるとこもありますが、相談するだけで診察料として料金を請求される場合があるので事前に確認する事をおすすめします。
他にもエステ、サロンでも脱毛ができますが、医療との違いは何か。医療脱毛でのリスクはあるのかなどを次で詳しく説明します。